« 電車男が教えてくれたこと | Main | 新株予約権とポイズンピル »

February 23, 2005

熊谷発言に揺れたライブドア…

ライブドア<4753>の熊谷史人副社長の発言が問題になっている。リーマンの空売りが10日以降も行われており、熊谷氏のblog[
日々の業務(IR等)]
の記述に誤りがあったとされるためだ。彼のblogの影響は投資家たちの判断に少なからぬ影響を及ぼしたため、風説の流布に該当すると言う人たちもいる。私でさえもその情報を基にしてライブドアをいつ買うべきかを考えたことがあった。彼の影響はやはり大きいと言わざるを得ない。

4753-20050222.tそのライブドアだが、今日は何だか知らないがすごかった。昨日はリーマンがもう借り株を売れなくなるということでライブドアの株価が上がり、今日も前場でも上がっていた。ライブドアがニッポン放送の40%超を取得したことも追い風になったのだろう。しかし熊谷氏のせいなのかライブドアの株価が急落した。どんどん下げていって終了した。さらに引けのあたりで加速度的に落ちた。リーマンが熊谷氏を嵌めたとまでは言わないが、リーマンにとっては借り株を買い戻しやすい環境が整備されたのではないだろうか。


4660-20050222.tもうひとつ変な値動きをした銘柄があった。ニッポン放送<4660>だ。この値動きに関しても株之助(HANABI)氏も困惑したと株之助氏のblog、「株!デイトレードの結果を日々公開するblog」に書いてあった。
そして、この値動きの理由はテクノバーンに書いてあった。

午後2時40分頃にブルームバーグが「フジテレビジョンの境政郎常務は22日、ブルームバーグ・ニュースの取材に対し、現在実施中のニッポン放送株式の公開買い付け(TOB)について、買い付け価格を引き上げる可能性を示唆した」と報じたことが株価急騰の要因となったようだ。
(出典:Yahoo!ニュース(テクノバーン) 2005/02/22 配信記事
ブルームバーグがこのように発表したのを知った投資家がニッポン放送を買いに走ったようだ。停滞感があった値動きだったのに、7250円まで値上がりした。値上がりした理由はわかったが、何故その後下げたのだろうか。もうわけが分からない…。

正直もう私の理解できる範囲を超えてしまっている。やはり私の勉強と経験の足りなさを痛感する。今日はここまでにしておこう…。

|

« 電車男が教えてくれたこと | Main | 新株予約権とポイズンピル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81066/3041305

Listed below are links to weblogs that reference 熊谷発言に揺れたライブドア…:

« 電車男が教えてくれたこと | Main | 新株予約権とポイズンピル »