« ライブドア、ニッポン放送株争奪戦に王手 | Main | 誤報に揺れたニッポン放送 »

March 16, 2005

陥落していなかったニッポン放送…

ライブドア <4753> がニッポン放送 <4660> の株式を議決権ベースで50%超取得したことが16日、明らかになった。ライブドアは株主総会で取締役を入れ替え、経営権を掌握する方針。同放送をめぐる争奪戦は大きな節目を迎えた。  ライブドアは経営権を握り、同放送の増資に踏み切る構え。これによりフジテレビ <4676> の持ち株比率は現在の36%超から25%以下に低下、フジに対する議決権を復活させ、フジサンケイグループとの事業提携を求める意向だ。
(出典:Yahoo!ニュース(時事通信) - 3月16日20時2分更新)
ライブドア<4753>のニッポン放送<4660>株取得のペースが異常に早い。これでホリエモンがニッポン放送の経営権を掌握したことになった。これからこそがホリエモンにとっての勝負ではなかろうか。たしかホリエモンは株価を8倍にするとか言っていたように記憶している。ホリエモンにはそれを証明するために結果を出す義務があると思う。とりあえずおめでとうホリエモン、などと思っていたら続報が入った。
[東京 16日 ロイター] ライブドア<4753>は16日夜、同社保有のニッポン放送<4660>の株式数が、議決権の半数を超えた事実はないと表明した。一部報道に対する声明で、「議決権の数において半数を超えた際には適時開示する」としている。
(出典:Yahoo!ニュース 2005年 3月16日(水) 20時17分 )
4660-20050316.t今日はニッポン放送はストップ安にまでなった。だが、さっきのニュースはとんでもない大誤報であったのだ。ニッポン放送株の50%超と言う防衛線はまだ破られてはいなかったそうだ。しかし、ストップ安になったことによりライブドアは今日は買い増しをしやすい環境だったかもしれない。市場も大変なことになったが、ニッポン放送社員も大変だ。
ニッポン放送(東2)  <4660>  は16日、フジテレビへの新株予約権の発行差止め仮処分決定に対しての異議申し立てが却下されたことを受け、同日、東京高等裁判所に抗告したと発表した。(T.S)
(出典:Yahoo!ニュース[ラジオNIKKEI2005年03月16日])
地裁には仮処分の異議は却下され高裁にまで公告している。一途の望みにかけるニッポン放送の姿がある。しかし高裁の判決は24日まで決着が付くのだろうか?さすがに時間的に厳しいのではなかろうか。
連合の笹森清会長は16日の記者会見で、ライブドア <4753> とフジテレビジョン <4676> によるニッポン放送 <4660> 株争奪戦をめぐって株主重視が強調されていることに触れ「この問題では働く者の立場から見てどうか、という議論が欠落している」と批判した。
(出典:Yahoo!ニュース(時事通信) - 3月16日20時4分更新)
またライブドアの傘下に入ることが目前のニッポン放送の従業員たちの苦悩も見える。とにかくニッポン放送は社員揃ってライブドア傘下はイヤらしいが、これから彼らはどうするのであろうか?働かないなどでもストライキを起こすのだろうか?またM&Aでしばしば企業文化が問題にされるがうまくいくものなのだろうか。今回もライブドアがこれまでもいくつもの企業を買収してきたノウハウで乗り切れるものなのだろうか?

また今回の騒動を受けてライブドアが嫌われている理由がライブドアが株で儲けたいだけだとか言われるようなことが多かったように思う。ライブドアが本当に過半数を取得した場合、過半数を占める筆頭株主であるライブドアが本当に株で儲けたかっただけなのかをニッポン放送には見届けなければならない。だが、正直ライブドアってそんなにすごい会社なのかと私には疑問ではある。ライブドアに一体何が出来るのであろうか?ニッポン放送を獲得しなければ実現できないようなことをやってのけるのだろうか?村上ファンドは100億超の利益を今回の騒動で得たと言われる。そのようにこれから株主に還元できるようにしてくれることを切に願う…。

最後に、ライブドアによるニッポン放送の増資に触れておきたい。まずニッポン放送の増資は可能なのであろうか。フジテレビ<4676>の影響力を削ぐための増資であると明言してしまっていたホリエモン。フジテレビによる新株予約権の発行に続いて認められない可能性も十分ありうる…。

今日も疲れているのでココまでにしておこう。文章が長い上にまとまっていないし、最近体力の減退を感じずにはいられない…。

追記
今回のマスコミの対応には疑問を感じざるを得ない。一体彼らの情報源とは何なのだろうか?これだけ株式市場を混乱に巻き込み、どのように責任を取るつもりなのか?彼らが「第四の権力」としてニッポン放送という一つの銘柄を簡単にストップ安にまでしてしまうことが証明できた。やはり彼らの影響力は絶大なのだ。マスコミ各社が揃いもそろって、50%超を取得したと報道されれば視聴者は信じざるを得ない。このような場合でも、投資家の自己責任として損害を被らなければならないものなのであろうか?ラベルの表示偽装事件などであたかも自分たちが社会正義かのように追及してきたマスコミの誤報は、一体誰がどのように裁くのであろうか?そして、マスコミはどこまで信頼できるのだろうか?
私は全く投資してなかったので損害はゼロなので今回だけで終われば良いのだが…。
シャディ「春の新生活特集234」90_35_21113

|

« ライブドア、ニッポン放送株争奪戦に王手 | Main | 誤報に揺れたニッポン放送 »

Comments

TB&コメントありがとうございます。
まったく、お騒がせですね~
これがライブ側の策略か、そう仕向けるためなのかとかいろいろ模索してしまいまが、それはさておきマスコミの力はまだまだ偉大ですね。今後の展開が見ものです。

Posted by: Hiro | March 17, 2005 at 01:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81066/3325745

Listed below are links to weblogs that reference 陥落していなかったニッポン放送…:

» ライブドア 議決権ベースの過半数確保 [ざわ とーく]
 ライブドアの保有するニッポン放送株式が、議決権ベースで50%を超えた模様だ。ライブドア関係者が16日明らかにした。[asahi.net] [Read More]

Tracked on March 16, 2005 at 11:46 PM

» ライブドア議決権50%超、ニッポン放送の経営権取得! [1億エントリーに挑むブログ]
ライブドア保有のニッポン放送株比率が、議決権ベースで50%を超えニッポン放送の経営権取得した[3月16日] [Read More]

Tracked on March 16, 2005 at 11:50 PM

» ライブドア ニッポン放送株議決権ベースで50%を突破〜そしてニッポン放送は〜 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
ライブドア関係者によると、ライブドアの保有するニッポン放送株式が、議決権ベースで50%を超えたということが明らかなりました。そして、東京地裁は、ニッポン放送の異... [Read More]

Tracked on March 17, 2005 at 01:43 AM

» ニッポン放送・新株予約権発行差し止め仮処分の異議却下 [かねぴ〜主任の徒然記]
ニッポン放送の異議却下、発行差し止めを追認・東京地裁 今日はニッポン放送がフジテレビを引受先にした新株予約権の発行差し止め仮処分に対する異議申し立てが東京地裁... [Read More]

Tracked on March 17, 2005 at 04:07 PM

« ライブドア、ニッポン放送株争奪戦に王手 | Main | 誤報に揺れたニッポン放送 »