« ソフトバンクとライブドアの比較 | Main | 行われていたライブドア・ニッポン放送会談 »

March 30, 2005

ライブドア、ニッポン放送の子会社化を見送る

ライブドアが先週末の時点で、ニッポン放送の発行済み株式の過半数を取得していたことが29日、分かった。ライブドアは、6月末に開かれる同放送の株主総会で取締役の過半数を送り込む見通しだが、3月末に予定していた同放送の子会社化は先送りする。 関係者によると、子会社化を見送るのは、フジテレビと進めている友好的な提携に向けた協議の支障になるのを避けるため。ニッポン放送が企業価値を減らす不測の行動を取る場合に備え、ライブドアの連結決算に同放送の業績が反映しないようにする狙いもあるとみられる。
(出典:Yahoo!ニュース(時事通信) - 3月29日19時2分更新)
ライブドアがニッポン放送株の過半数取ったけど、ニッポン放送を子会社化しないそうだ。プロクシーファイトでは勝てる範囲内で名義を書き換えるだろうが、どこかのライブドア寄りの株主から委任状の確保がにメドがついているようだ。村上氏だろうか、まぁ誰でもいいのだけど…。 この記事でよくわからなかったのは子会社化見送りの理由だ。連結決算に業績が反映しないようにらしいがどういうことだ?仮に子会社化したら、現経営陣が焦土作戦をしたときの良からぬ影響がライブドア本体に出てくるって意味だろうと思うのだが…。ライブドアがやはり亀渕社長以下現経営陣を信用していないと言うか、敵とみなしているぐらいに考えていいのだろうか?焦土作戦が出てきたら、何らかの法的措置があるんだろうけど…。

法的措置といえば、今日ある番組を見たら、北尾氏が「貸し株に関する法的措置の対象はニッポン放送であり、SBIにではない」と言っていた。今回の貸し株が事実上の売買であり、ライブドアを含めた株主が損害賠償や株主代表訴訟を起こすかもしれない。そんな訴訟が起きたって、「裁判しても99%勝てない」と言うのはSBIは関係ないって事だったようだ。その番組ではもう一点「大人の解決法」の話が出てきていた。北尾氏曰く、「お互いの面目の立つ、いくつかのアイデアがある」のだそうだ。それを受けて、高木勝氏が「大人の解決法とはグリーンメール、別名さよならボーナスで痛み分けだ」と言っていた。痛みわけで、本当に面目は立つものなのか?しかもグリーンメールだとしたら、世間で「やっぱりマネーゲームだ」と言われるのがオチだ。それはライブドアの面目丸つぶれではないだろうか?しかもホリエモンも再三ニッポン放送株を手放す気はないと言っている。グリーンメールが行われるにしてもホリエモンが乗るとは思えない。
そこで高木氏に倣って、私も「大人の解決法」考えてみたい。ニッポン放送に掛かった金額は時価総額の半額、つまり約1000億と考えられる。それでグリーンメールを行うとすると多少色をつけてニッポン放送株を買い上げることになる。仮に1割のプレミアムを付けたって1100億円ぐらい必要になる。これはライブドアの現在の時価総額とほぼ同額である。その場合、私ならばグリーンメールで自社株を買い集めるよりはライブドアの過半数を狙う。つまり、パックマンディフェンスをすると思う。しかし、これはグリーンメール以上にライブドアの面目丸つぶれとなる。これも北尾氏の言う「大人の解決法」ではなさそうだ。一体何なんだ、「大人の解決法」ってのは?いくつかあるらしいが、一つもわからない私は修行不足なのでだろう。

また書いている間に日付をまたいでしまった。今回はココまでにしておくとしよう…。

追記

朝からTBSの、みのさんの新番組に出演。朝はやいなあ・・・みのさん、タフすぎ。双子説がでているくらいだもんなあ。その後出社して営業戦略会議。もうすぐ半期決算の締めだ。気合を入れないと!続いて面接2本。新聞の取材。そして執行役員の査定面談。執行役員のレベルアップも激しい。どんどん給料をもらってどんどん利益を上げてほしい。夕方、定例の企画会議。
(出典:livedoor 社長日記)
昨日3月28日のホリエモンのスケジュールである。ホリエモンは北尾氏との会談を都合によりキャンセルしたらしい。面談は午後から予定されていたので、その「都合」というのは営業戦略会議、面接、執行役員の査定面談または定例企画会議のことと思われる。なるほど、確かに重要な「都合」ばかりである。しかも、北尾氏との面談をキャンセルしなければいけないほどかどうかなのかよくわからないスケジュール。もし私がホリエモンの立場ならば、北尾氏との面談に行くとは思います。玉砕覚悟で…。

Click Here!

|

« ソフトバンクとライブドアの比較 | Main | 行われていたライブドア・ニッポン放送会談 »

Comments

My brother suggested I would possibly like this website. He was entirely right. This put up actually made my day. You cann't consider just how so much time I had spent for this information! Thanks!

Posted by: トヨタの時価総額 | July 05, 2014 at 06:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81066/3490876

Listed below are links to weblogs that reference ライブドア、ニッポン放送の子会社化を見送る:

» ニッポン放送株手放す意思あり [かきなぐりプレス]
ついにホリエモンが朝日のインタビューで馬脚を露わした。ま、最初からラジオ局であるニッポン放送に興味がないことは周知の事実なので、いまさらながらに騒ぎ立てるほどの... [Read More]

Tracked on March 30, 2005 at 11:39 PM

« ソフトバンクとライブドアの比較 | Main | 行われていたライブドア・ニッポン放送会談 »