March 23, 2005

So-netのミニホームページとやらを使ってみんとす

 So-netは、コミュニティサービス「So-net ミニホームページサービス」の正式サービスを3月22日に開始した。So-net会員以外でも無料で利用できる。  So-net ミニホームページサービスでは、登録者全員が自分の「Myミニホームページ」を持ち、日記や掲示板、メッセージ送受信機能などを通じてユーザー間のコミュニケーションが図れる。(中略)機能面も拡充が図られ、自分のホームページへの訪問者が確認できる訪問者リスト、自分のおすすめページやお気に入りリンク集が作成できる機能、訪問者がコメントを記入できる一言メッセージ機能などが追加されている。
(出典:Yahoo!ニュース(impress Watch) - 3月22日19時31分更新)(注:下線部著者)
so-netからミニホームページとかいうサービスが始まったそうだ。すごい多機能なのに、下線部のようにタダらしいので登録してみた。現在私はniftyを使っているが、正直コンテンツではso-netの方が上なのかもしれない。blogよりも多くの人たちと触れ合う機会が増えるかも知れないと思う。 とりあえず急いで登録してみた。こういうのは早く登録しとかないとすぐに自分の希望のIDが取られてしまうからだ。そしてログインしてみると、まだ寒いというのにアバターはも最初は半袖短パン。バーチャルとは言えど、ちょっとかわいそうでもある。これからこのミニホームページを少しずつイジッてこのblogを超えるものにしたいものだ。blogは更新が簡単だが、アフェリエイトや画像のアップなどの機能面で不満があるからだ。

たがこのミニホームページには大きな問題がある。
ミニホームページの問題
1.かなり重いらしく画面が表示されなかったり、すぐにサーバーがダウンしたりする。
2.表示されるウィンドウがあまりにも小さすぎる。

so-netにはもっと頑張って欲しい。ちょっと更新していくのが面倒くさそうである。飽きやすい私に出来るだろうか…。気が向いたら、更新していこうとは思うけれども…。

3月23日現在登録しただけでほとんど何もしておりません。とりあえず私の登録したミニホームページを晒しておきます。

finance MiniHome

BTOパソコンT(タワーシリーズ)125×125_01125_125_a30916_ID69

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

iPod shuffleとSuper shuffle

台湾LUXPROがiPod shuffleによく似た音楽プレイヤー「Super shuffle」を発表した。(中略)Super shuffleは外見が米Appleの「iPod shuffle」によく似た製品。MP3やWMA、WAVファイルに対応しており、さらにFMラジオチューナーやボイスレコーダー機能まで備えるというシロモノだ。(中略) 米国で売るとなると、Appleからクレームがきそうな気もするが、その点は大丈夫なのだろうか。  「実をいうと、既に法律の専門家とも相談している。iPod shuffleとはサイズも違うし、重さも違う。中に入っているソフトウェアも違う。問題ない」  ――でも、デザインは同じですよね?  「そう? 違いますよ。よく見てください」(笑)
(出典:ITmediaニュース2005/03/13 01:36 更新)
先日報道されたiPod shuffleのニセモノSuper shuffleの記事である。iPod shuffleはお手ごろな値段が受けていた割と最近出てきた商品である。だがもう一部の企業がパクッたようだ。台湾も中国みたいなことするものだ。やはり台湾は中国なのだろうかと思わされた残念なニュースであった。
スペックはLUXPROのWebサイトの商品紹介ページで確認可能だ。同ページトップに掲載された画像には、「How Are You」という英語、「ニーハオマ」という中国語に加え、「お元気ですか?」と日本語が書かれており、日本人も重要ターゲットにすえている様子だ。
(出典:ITmediaニュース2005/03/22 16:02 更新)
しかしどうも日本人も鴨にしようとしているらしいので無視もできまい…。台湾とコピー商品と言えばクレヨンしんちゃん事件があったばかりである。
双葉社関係者によると、広東省の中国企業が1997年、コミック本の日本語版の絵柄と、台湾版の中国語タイトル「蝋筆小新」を無断で商標登録。この商標権を譲渡された上海の企業が靴などの「しんちゃん」グッズを販売している。
(出典:Sankei Web(02/21 17:31))
悪貨(コピー商品)が良貨(本物の商品)を駆逐したという信じがたいニュースがあったばかりなのに…。中国はバブリーな経済成長を続けている国ではあるが、相変わらずムチャクチャな国でもある。法治国家とは呼べないのでパクリで問題になること事態珍しいことではない…。

とりあえず話が逸れたので、ここからやっと本題に入ることにしたい。私が気になった点とはブランドと機能のことである。Appleにはブランド力があり、高いデザイン性などにも定評がある。一方LUXPROというメーカーはブランド力はAppleと比べて著しく劣り、ほぼ同じデザインであるが機能が本家よりも優れていて価格も同程度である。いったい消費者はどちらを好むのであろうか?「世界中から問い合わせが殺到している」らしいのでブランドよりも機能を重んじる消費者はかなり多いのかもしれない。FMとボイスレコーダーなどの機能がAppleの築いてきたブランドを凌駕してしまったのかもしれない。iPod shuffleはお手ごろ価格にはなったが、まだまだ高いと感じている人が多いという証拠かもしれない。もしくは、消費者はもっと多機能性や実用性を重んじている人がマーケットにはかなりいることの証拠なのだろうか…。市場の開拓の余地があるのかもしれない。
またAppleが訴えた際には最初のニュースに書いてあるように本当に台湾企業は勝てるのだろうか?本blogでは紹介できないが、ITmediaに載っている写真を見る限りほぼデザインが同じにしか思えない。デザインが「違います」と言ってはいるものの「法律の専門家」にすでに聞いていること自体が確信犯としか思えないのだが…。今回の件が本当に法的に問題ナシとなれば、企業努力が報われなくなるのではなかろうか…。

追記

パクリ商品はかなりあります。HondaのパクリでHongdaなどが騒がれたときもありました。他の有名どころだと、SQNY、Poly Stationとか…。他の関連商品もこのHPに紹介してあります。

ちとせ荘(おもしろ画像風景怪しいニセモノ)

追記

The facts:
1. The Super Shuffle is not in production by LuxPro.
2. There is no intent by LuxPro to ever put the Super Shuffle into production.
3. LuxPro is looking for companies (like mine) to hire LuxPro to build uniquely designed players, based around the same electronics inside the Super Shuffle.
4. The entire CeBit sideshow was planned from the start as a gambit to gain a hugely disproportionate share of the industry’s attention, so as to find a few customers for the Super Shuffle’s electronics.

(出典:engadget「The scoop on the Super shuffle」)
驚きですね。一応私なりに適当に和訳(意訳)しておきます。
わかった事実
1.Super shuffleはLuxProは生産していない。
2.LuxProはSuper shuffleを生産する気がない
3.LuxProは自社に受注してくれる企業を探している。
4.CeBitは産業の注目を得ることため。
なんか売名目的だけだったらしいです…。とりあえず客も集まってみたいだし、LuxProには良かったのでしょうか。1日に来たとされる1000件以上のメールのうち商社から扱わせてくれとの声が3分の1。残りの3分の2の中には、モラル欠如のLuxProに注文しようなんて企業が何社かはあったかもしれませんから…。
shuffle06_88_31  Sony Styleロゴ_124_4090_35_21113

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 02, 2005

カウンター設置

今日からカウンターとアクセス解析を設置してみた。今までどれほどの人たちが読んでくれているのかとかが全くわからなかったからだ。

いろいろな人たちのblogを適当に読んでいたら、忍者カウンターを設置している人がいた。まさか忍者カウンターがblogにも使えるとは知らなかった…。blogのサブタイトルに設置してみたところ上手く稼動してくれているようだ。さすがは忍者カウンター。
無料だし、もっと早く設置しておけばよかった…。

これからどれほどの人が読んでくれるのか楽しみになりました。少しずつアクセス数が増えていくのを見ていくのはきっと楽しいでしょう。当然、その逆もありうるわけですが…。

またアフェリエイトで稼ごうとされる方も、アクセス数などの分析は欠かせないでしょう。

カウンター等をまだ設置されていない方はお試しになられたらどうでしょうか?
私が他の方々に薦めたところで、私にはアフェリエイト収入は一銭ももらえないのですが…。

忍者カウンターhttp://www.shinobi.jp/

楽天で探す
楽天市場

| | Comments (0) | TrackBack (1)