March 31, 2005

これまでを振り返って

ブログを書き始めて2ヶ月。そしてカウンターを設置してから約1ヶ月…。約3500人の人が見てくれた。非常にありがたいことだ。

「おいしい話探検隊」というタイトルは、googleなどで検索したときに、食べ物好きの人たちが間違って来ないものかと期待して作ったものである。「おいしい話」を扱うのだから、これぐらい胡散臭いことぐらいしないとなぁと考えていたのだ。

当初はIPOに関するブログを書き、そのブックビルディング期間にあやしいけど「おいしい話」を実践して書いていくつもりだった。しかし一つ一つの「おいしい話」を1から勉強、そして実践していくのも大変なので株の話を書くようになった。そして株の話をするために、時事ネタについて疑問や解説を書いていった。それがこれまでのこのブログの流れである。

まだまだやりたいことはいくつかあった。コメント欄にビジネスとかのランキングに参加しませんかとかのお誘いや、相互リンクを組もうとかとも散々考えていた。だが、私は経済ネタだけではなく、パソコン関係、政治、歴史とかももっと書きたいことがあったのでそのお誘いには乗らないことにしていた。だが、それは建前なのかもしれない。自分でもこのブログの方向性を失っていた。どこに私は向かっているのか、と感じていた…。

このブログはライブドアのおかげでM&A関連を多く扱っている。たしかに、私は以前から非常に興味があった。会計士試験の勉強をしたことがあったり、卒論の候補にM&Aがあったので、そのときに勉強したことをフル動員で書いていた。しかし、私は決してプロではなかった。放送法なんかも扱ったことがあったが、1から勉強して書いたものだ。

いや今思えば、ブログの書き方、ネチケットとかそんなものからも1から勉強していったのだ。最初は全くわからなかった。このブログも手探りで書き方を勉強したものだ。トラックバックとかさえも、正直わけわからなかった。

これが、このブログを振り返っての私の思いである。

だが、問題は明日からは4月だということだ。私は4月から仕事の関係で、ブログを書いていくことが困難になるかもしれない。出来るだけ更新していきたいが、どうしよう?

これを気にこのブログを閉鎖しようとも思う。それとも、更新頻度を下げてでも、ココログよりももっと使い勝手の良さそうなところに移ろうかとも考えている。正直、容量も小さいし、ココログは使いにくい…。

どちらにしても、このタイトルは私は全然気に入っていない。正直適当すぎたなぁと後悔ばかりしていた。移るにしても早い方がいいし…。

う~ん、明日朝早いし、明日考えることにしよう…。もう寝ないと…。

| | Comments (552) | TrackBack (0)

March 15, 2005

渡る世間は鬼ばかり…

先日私は財布を落とした、もしくはスラれた。そして今日そのことに関する連絡が何故か警察ではなく銀行から来た。「あなたのキャッシュカードが駅に届いている」と…。何故財布ではなくキャッシュカードなのかとイヤな予感がしていた。そしてその予感は的中することとなった。

小田急沿線の海老名駅の遺失物係のもとへ行った。すると駅員が小さな袋に入ったたくさんのカードを見せてきた。私のキャッシュカード、Suica定期、免許やポイントカードなどである。駅員の話によると「男子トイレの排水溝から見つかりました」とのこと。亡くなったものを確認してみた。財布本体、現金3万円、パスネット、電気屋のポイントカードである。この犯人はせこい事に500P程度しかないヤマダ電機のカードまで抜き取っている。まさに鬼である…。

この犯人の行動を自分なりに考えてみた。私はこの犯人は海老名に住む男であり、高校生以下ではないと考える。単純に私が落としたのが海老名行きの終電であり、見つかったのが海老名の男子トイレだったということでココまでは大まかに推測できるかと思う。本当にこの男には憤りを覚えずにはいられない。

エジプトのピラミッドと違って、日本は正倉院の宝物庫が襲われなかったなど道徳的な美徳があったと思う。スマトラ沖地震でレイプや強盗があったりしたそうだが、阪神大震災ではそのような事件がなかったので世界中を驚かせたと耳にした。残念なことではなるが、日本人でも道徳心がない人は少なからずいるということを忘れてはならないようだ。

先日引いたおみくじには、落し物「見つかりがたし」と書いてあった。残念ながら、あのおみくじは当たってしまったようである…。
今回の記事を読んでくださった方にお願いです。私を助けるつもりで下のバナーをクリックだけでもしてください。申し込んでいただくとなおうれしいですが…。よろしくお願いいたします。
246_47_21111

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

遺失物にまつわるエトセトラ

先日財布を落としましたが、未だに出てきません。現金3万円、キャッシュカード、免許証となかなか被害は大きいです。今日は靖国神社でおみくじでひいてみましたが、小吉で落し物は「見つかりにくし」と書いてありました。現在の私は神にも見放されておりますが、貧乏神だけには好かれております…。

そんな私なので、今回は刑法と遺失物法について見ていきたいと思います。

刑法254条 【遺失物等横領】
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
財布を落としてから、財布やお金を拾う機会が何度かありました。自分の財布が出てきますようにとの祈りを込めて警察などに私は渡しています。ですが、私の財布は戻ってはきません。ネコババしちゃいたくなりますが、「一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料」と結構厳しいんです。仮に見つかったら相当面倒なことになりますので、絶対にしてはいけません。
遺失物法4条【報労金】
物件ノ価格百分ノ五ヨリ少カラス二〇ヨリ多カラサル報労金ヲ拾得者ニ給スヘシ
報労金(謝礼)に関しては、しばしば1割とか言われますが、5%から20%を払う義務があるそうです。これは盗難にあったものを拾ってくれた人に対しても5%から20%の報労金を支払う義務が発生するそうです。
遺失物法第9条【拾得者が権利を喪失する場合】
拾得物その他、本法の規定を準用する物件を横領したるにより処罰せられたる者、及び拾得の日より7日内に第1条第1項又は第11条第1項の手続を為サざる者は、第3条の費用及び第4条の報労金を受くるの権利、並びに拾得物の所有権を取得するの権利を失う。
拾得の時より24時間内に次条第2項の規定により、船車建築物等の管守者に物件の交付を為さざる者また同じ。
この9条はちょっと厳しすぎる気がします。拾得者は1週間以内に届けないとお礼を受け取ることが出来なくなるのです。何よりも問題なのは、デパートやコンビニなど屋内で拾ったものならば24時間以内に届けなけらば報労金がもらえなくなってしまうことです。ちょっと条件が厳しすぎて、拾得者は拾得物を届けなくなってしまいそうです。落し物をデパート等で見つけた際にはお早めにお届けください。

それと財布を届ける側も警察にはちょっと入りにくいかったりするのも問題があるかもしれません。何か警察自体がちょっと入りにくいせいもあれば、疑われそうで怖いような…。といった何か漠然たる不安を感じてしまうのは私だけでしょうか…。

また遺失物横領したことが表面化することはなかなか少ないでしょう。どのような際に一体発覚する犯罪なのでしょうか?ユビキタスの名のもとに自分の落し物や盗難にあったものがわかるようになる日が一刻も早く来ることを祈るしかないかもしれません…。
ダイエートップ 125×125125_125_a30916_ID69

| | Comments (2) | TrackBack (0)