March 03, 2005

IPOの当選確率について

カブドットコムに36万円で1株だけ応募してみた。どうせ今回も当たらないのだろうが、チャレンジするぐらいは自由である。今回のIPOも証券会社が日興ビーンズ証券なのでEトレード証券のようにIPOのチャレンジポイントさえ貯まらない…。

コンピュータによる公平・中立な抽選方法 日興ビーンズでは、一貫して公平・中立な抽選方法を採用しています。具体的には、コンピューターで完全無作為な『乱数』と呼ばれる数列を発生させて、お客様からの需要申告株数にそれぞれ割り当てて、無作為に抽選を行っています。この過程は完全にシステム化されており、人間が途中で関与することは全くありません。
日興ビーンズはこんなこと言ってはいるが、本当だろうか?どうせ日興コーディアルが優先なのだろうから、日興ビーンズへの配分はほとんどないのだろう…。さらに一株しか申し込めない私にはますます当選とは縁がない…。

私のようにIPOを狙う人たちは多かろう。そこでIPOの当選確率を上げる方法を調べてみた。
とりあえず簡単に列挙してみたい。

IPO当選確率を上げる
1.主幹事証券会社に多く口座を開設
2.多くの口座を開く
3.消費者金融(NO LOAN)で資金を一時的に増やす

1については、主幹事証券会社は多くの株を割り当てられているので当選しやすいのは当然。ただし大きな証券会社は大口の客にまわす傾向があるらしい。つまりIPOはブルジョアが圧倒的に有利なようだ。
2については、多くの口座を取得することにより参加できる銘柄が増える。また証券会社ごとの特徴があるので注意が必要なようだ。
3については、消費者金融から金を借りて応募する弾数を増やせと言うことらしい。キャッシングから借りる期間もBB期間は1週間である。NO LOANならば、50万円まで1週間以内は利息がタダ。IPOに落選しても利息がつかないらしい。とにかく数多く応募すればその分当たる確率は上がると言えば上がる。

他に気になったものとして菅井実という人が「新規公開株ゲット必勝法」なるものを59800円で販売していた。これには上記以外のIPO投資の方法が書いてあるそうだ。どうやら当選確率が96%と謳っているらしいが、本当にそんなに当たるものなのだろうか?憶測ではあるが誇大広告なのではなかろうか…。にわかには信じがたい。それとも株関連はあまりにもウソが多すぎて、私自身が疑心暗鬼になってしまっているだけだろうか…。少なくとも2chで見る限りにおいては、菅井氏の評判はあまり良くないようなのだが…。
値段も59,800円と決して安くはない。それとも当選確率がアップするのであれば安いものなのであろうか…。
iPod_mini300-75new

| | Comments (0) | TrackBack (1)

スカイマークよ、さよなら…

9204-20050303.t昨日は比例配分でスカイマーク<9204>株が400株中100株だけ裁けていた。しかし今日は残りの300株を始値の985円で裁いた。結局スカイマークで20万円弱の損失…。今日は朝一で成り売りしたのはやはり失敗だった…。昨日リバウンドすると思っていたのにほとんどしなかったことで狼狽売りしてしまった。
今回も高い授業料を払ってしまったが、ニッポン放送<4660>に引き続き良い勉強にはなった。

2日連続のストップ安からは開放され、今日も前日よりは株価を下げた。しかし明日以降はこのまま材料がなければ、1100円~1265円の窓を埋めに入るだろう。
しかしやはり問題は3月半ばとされる四半期決算だろう。もう株主ではないが、この四半期決算がどのように株価に影響するのかが見物である。
dell7_234x40

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 02, 2005

スカイマーク、2日連続ストップ安…

今日もスカイマークはストップ安…。もう本当に異常な下げ具合だ…。あまりにも気が動転しているので、文章を書いて気を落ち着かせたい。

9204-20050302.t午前に70万株も寄ったのを見て、今日は少しリバウンドがあるかもしれないと成り売りを出しておいた。家に帰ってみると、あの後は一度も寄っていなかった…。もう一回ぐらい寄っていたらおそらく売れていただろうに…。今日まで資金約60万円のうち144000円の損失、明日もストップ安ならばさらに8万円の損失が加算される。ニッポン放送の損失も含めると今月だけで約25万もの赤字。約1ヶ月分の給料がぶっとんだことになる…。そして資産の約半分がぶっ飛んだことになるのだ。本当に洒落にならない事態となってしまっている。本当に貧乏神に憑かれてしまっているようだ。マジに泣きたい…。

これ以上無駄に狼狽しているわけにもいかないので、何故スカイマークが下げているのだろうか?今回も簡単に列挙してみた。

スカイマークの下げ要因
1.狼狽売り
2.掲示板の売り煽り
3.減資
4.大人不在
5.材料出尽くした感あり

スカイマークの場合は異常な数の狼狽売りが買い手に「明日はもっと下げるに違いない」という印象を与えているのは言うまでもないと思う。今日は135万もの売り残しが出来た。あまりにも馬鹿げた数字であると思う。これを助長したのは、間違いなく掲示板の売り煽りであろう。株は心理戦、売り煽りにより個人株主はその心理戦に屈してしまったようだ。
他の理由として、スカイマークが分割前に弱かったのはの減資を行ったためであるらしい。実はこれは私は知らなかった。今回の高い授業料の主な原因となったと思う。これを売買停止期間に知った人たちが多かったのかもしれない。私はその間完全に仕事に忙殺されてしまっていた…。けど減資は株価に対してプラスにはなりにくいのかもしれないが、マイナスなのだろうか、それとも中立なのだろうか。
また大人不在の件があると思う。スカイマークは分割前に14時50分あたり江頭タイムなどと呼ばれるあたりで急に値を上げることが多かった。スカイマークの権利確定の日も弱かったが大きな買い増しがあったのを覚えている。これが大人の存在をホルダーたちに植え付け、大人依存のホルダーを大量に生み出したと考えられる。
そして分割前に材料が売買停止期間中に投下されるという噂があった。しかしこれがゼロだったことが大きい。分割のバブルが弾けたのはこれが主な要因であると考えられる。

このように意外とたくさんある。しかし何よりも今回の下げ方で特徴的なのは別に悪い材料が投下されたので下げたわけではないことであろう。

スカイマークに投下される可能性のある材料を最後に考えてみたいと思う。

スカイマークの投下される可能性のある材料
1.3月半ばにある四半期決算
2.羽田関空ラインが開港
3.東証1部上場
4.配当

先に言っておくと、下線部のように可能性があるだけで実際はどうなるかはわからない。
スカイマークの四半期決算は搭乗率だけを見る限りにおいては去年より若干下がるように思う。これは悪材料になりうるのではないだろうか。搭乗者の最も少ない季節と言うのが何とも頼りない。12月にボーイングをリースしたそうだが、これの影響は果たしてプラスに働くのであろうか…。正直この材料は短期的に見るとマイナスにしか思えない。他のものはあくまでも憶測が飛んでいるだけである。東証1部上場の件もコスモ証券から発表される東証1部上場の候補に挙がってさえいない。配当に関しても西久保社長が積極的であると言う噂がある。しかしこれもどこまで本当なのかにわからない。数年経てば東証1部上場や配当だって確かにありうる銘柄ではある。それを中長期向きの銘柄だと言ってしまえば聞こえはいいのが…。

以上のように、このまま材料がないとすると株価は暴落を続けて700円付近まで落ちると考えられる。とりあえず明日のストップ安は865円なので、明日もほぼ確実にストップ安になるという予想が立てられるのだ…。あまりにも売り圧力が強すぎて、蓋が重くなりすぎている。
しかし今日でさえ寄ったのだ。ここまで下がったのだから、明日も今日のように寄り付く可能性は十分ありえる。明日の終値が仮に865円になるとしても…。

追記

昨日からの売買再開を受けて利益確定のための売り物が優勢になっている。

(出典:Yahoo!ニュース(ラジオNIKKEI) - 3月2日13時32分更新)
これはありえないと思う。一体どれほどの人たちが利益が出たと言うのであろうか。損切りと言う言葉が使えなかったのだろうか…。
iPod_mini300-75new

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 01, 2005

ブルータス、おまえもか

100分割以上の大型分割の場合は分割後、子株還流となるまでの約2ヶ月の間、需給関係のひっ迫感から株価が急騰する場合が多いが、同銘柄の場合は200分割と同時に売買単位の変更を行っており、実質的には2分割と同じ効果しかないことがきょうの展開につながったようだ。
(出典:Yahoo!ニュース(テクノバーン) - 3月1日18時0分更新)
今日はスカイマークが長い眠りから目覚める日、のはずだった…。ニッポン放送で8800円の歴史的高値掴みをしたため、正真正銘の本命だった…。昨日までは目指せ2000円、悪くても1500円ぐらいだろうという考えは夢でしかなかったようだ…。今日はまさかのストップ安、ありえない展開…。

9204-20050301.tそれにしても早く対処しなかった自分にも非があった。しかしどうしても昨日までの仕事に時間と労力を裂かざるをえず、完全に疲れ切って泥のように眠ってしまっていた。そして、私が起きたときにはもう阿鼻叫喚の地獄となっていたのだ。せめて逆指値で注文しておけばよかった…。285000円で買っていたので、損益分岐点は1425円。最悪で1500円と読んでいたために1425円を下回ることは思っていなかったという油断もあった。反省しかできない。しっかりと現実を受け止めよう。

おそらくこのまま行けば明日もストップ安もありうる。しかしまだしばらくホールドしていようかと思う。スカイマークには期待していただけに裏切られたショックは大きい。今月は仕事も忙しいので、残念ながら悲しんでばかりもいられない。そしていつまでもスカイマークに構ってもいられない。
だからスカイマークは中長期のホールドをするしかない、というか出来ない状態だ…。

ニッポン放送といい、スカイマークといい、私にはキングボンビーでも憑いているのであろうか…。
macmini01_468_60

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 21, 2005

ライブドアと貸し株

4753-20050218.t左図のようにライブドア<4753>の株価がすごい勢いで下がっている。2月10日と比べると約3割ぐらい落ちた。
ところで、落ちてきたライブドアを一体いつ拾えば一番儲かるのだろうか。一体ライブドア株を買うタイミングはいつにすべきかなのだろうか。残念ながら誰も自分に教えてくれないので、今日も自分で考えてみる。

その前に何故ライブドアの株価が落ちたのかのを考えていくと、大きく分けて2つある。
1つ目は、リーマンが引き受けたMSCB
2つ目はリーマンの空売り。
やはりどちらもリーマン絡み。。。。リーマンがライブドアの株価の操縦権を有していることは否定できない。MSCBの件に関しては後日書くことにして、まず今回はリーマンの空売りについて考える。空売りの状況は、リーマンが「ライブドア株約4672万株(発行済み株式総数の7.26%)を10日に借り受け、このうち約890万株(同1.38%)を即日売却していた」そうだ。
とりあえず現在の状況を少し整理しておく。

リーマンの借株
1.借株の残量は3782万株(同5.88%)
2.2月24日のCB発行時に返済

ここでリーマンはライブドア株を上げたいのか、それとも下げたいのかを考えてみる。答えは簡単。リーマンはライブドアの株価を下げたいと考えている。リーマンは2月10日に借株を売却してライブドア株を暴落させて、株価を下げたいのだとシグナリングをしている。これは株価操縦に該当しないのであろうか。
そういえば、2月10日といえば、ニッポン放送が阿鼻叫喚の地獄となった日でもある。もしかしたら、あの日はライブドアの影響がニッポン放送に来たのかもしれない…。ちょっとニッポン放送の8800円ホルダーだった自分にはリーマンが憎い存在に思えてくる。
話は逸れたが、とにかくリーマンはライブドアの株価を下げて空売りでの利益を出来るだけ多くとりたいと考えている。出来るだけ下げるということを考えると、少し気になる点がある。それは残量が5%ルールに敢えて引っかかるように5.88%にしてあることである。5%以上を売ってアナウンス効果を狙うという選択肢以外に、売却を2回以上に分けてまず0.88%をこっそり売って次に5%ルールに引っかからないように売却していくという選択肢を残したかったのだろうか。どっちにしてもリーマンはライブドアの株価を操縦する気マンマンなようだ。
とにかく上記のことを考慮していくと、リーマンは24日までの間に出来るだけ5%ルールによるアナウンス効果を使うなどにより出来るだけ株価を下げてから買い戻してライブドアに返還すると考えられる。

ここでリーマンにとってライブドアの株価を下げておくと良いことがあるのは借株以外にも、今回は詳しく述べないが、MSCBの件もある。MSCBは出来るだけライブドアの株価を下げたほうがライブドアの株の持分比率を増加させることが出来る。出来るだけ157円付近までライブドア株を落としてライブドア株を大量取得した後に、リーマンはライブドアの株価を上昇させれば良いわけです。そのためには手段を選ばず、リーマンはレポートなどを使って株価操縦を行う可能性もあると思われる。

一段落したので、ここまでの話をまとめる。ライブドア株はいつ買うべきかというかの自分なりの結論はこうなった。

結論(予想)
1.2月24日までライブドア株は買うべきではない
2.ライブドアを買うならば2月24日に仕込むべき
3.2月24日以降、リーマンがライブドアの株価を上げようとする

今日はもう疲れたので、ここまで…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

祭りのあと…

ニッポン放送(4660)を6700円とうとう手放した。8800円で掴み、手数料も片道700円なので、22400円{=(8800-6700)×10+700×2}の損失だ。

月曜日に祭りは終了していたので正直飽きてきていた。やはり祭りとは当日よりも準備が楽しいもののようだ。連休中はニッポン放送ですごく楽しめた。
4660-20050216.tホリエモンの37%取得を受けてもまだこの程度しか上がらない。後場はほぼ6700円付近を行き来するだけ。蓋が重すぎる。仮に24日以降に上がる可能性があっても、別の銘柄で運用したほうが良い。またメディアによるリスクが大きい。日枝、ホリエモン、村上の3氏による発言で株価が動きかねない状態に少々耐えられない。こちらはドキドキしながらテレビ番組を見るが、正直くだらない内容のものも少なくない。日枝が好きか、ホリエモンが好きかといった内容のないものも多い。単なる視聴者と株主の立場は大きく違うというのが実感できたということなのだろうか、などとえらそうな事を言える位10株ホルダーでも感じることができた。

4753-20050216.t今度はライブドア(4753)を見る。ライブドアのは面白いと思う。最初は352円とすごい安いところから一気に急上昇390円までいく。結局352円が安値、390円が高値となった。そして終値を見ると前日より少し下げた。これは普通ならば問題ない。しかしライブドアの37%保有発言の後だと考えると問題だと思う。下げ止まりを相殺したのか、それとも意味が無かったのか。

次に別の銘柄を探すにも、スカイマーク(9204)にほぼ全力投入のために、自分にはもはや資金は8万弱しかない。こういうときに10万円以下ならば松井証券に口座を開設しておけばよかったと思う。10万円以下ならば手数料が無料なのは貧乏人には正直ありがたい。

そういえば今回の取引では証券会社の差を少し学んだように思う。自分はEトレード日興ビーンズに現在口座を持っているが、ニッポン放送の件で少し勉強になった。それは松井証券とマネックス証券についてだ。松井証券は10万円以下の手数料のことで説明したが、参考までにイートレならば指値成行735円、日興ビーンズならば指値1575円成行1050円かかる。運用の腕がなければ、10万円で1575円は結構痛い。次にマネックス証券だ。これはマネナイがいい。マネックスナイターが正式らしいが、これは夜間はもちろん連休中などでも取引をしてくれる。これで結構損切りした人たちがいたようですごく羨ましかった。

今日は趣旨が変わってきたので、この辺にしておこう。アフェリエイトでもなくこれ以上宣伝しても意味が無いから…。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 15, 2005

ニッポン放送戦争

8800円の高値掴みの自分は昨日もニッポン放送(4660)をホールドしています。

リソー教育(4714)に乗り換えようかと思ったけれど、昨日は忙しすぎて無理だった。数千円儲け損ねたかも…。3月7日と月末付近の分割ではないので、3月初旬の注目の銘柄ではあると思う。しかしリソー教育は5分割なのがかなり微妙…。果たして分割バブル起こるのか起こらないのか。バブルが起こるにはせめて10分割以上欲しいところだろう。

4660-20050215.tそんなことより昨日のニッポン放送の値動きと昨日の予想の採点をしてみる。
結論から言って、自分の予想はあてにならない。自信をなくすものだった。昨日の前場で追証売りがあったので乱高下している。それでも6500円までしか落ちなかった。そして追証売りがなくなった後場はどうだろう。6650円付近を推移している。底値5950円は保障され、6650円付近に大きな蓋がある状態。昨日の終値は越えないという予想だけが当たっただけだった。修行が足りないなぁ…。

4753-20050215.t次にライブドア(4753)を見たい。昨日言ったようにホリエモンがテレビに出演すると株価が下がると言うジンクスのせいか今日も株価を下げた。ライブドアは正直かなりヤバイと思う…。左図のように、ここ数日の株価の下落が半端ではない。フジテレビ(4676)とのニッポン放送をかけた戦争であまりにも手傷を負いすぎている。それにやはりMSCBは危ない橋だ。手詰まり感もある。しかし今度はその手詰まり感を払拭すべくホリエモンが仕掛けた
おそらく2月24日から3月2日にかけてホリエモンはさらに本格的に戦争を仕掛けるだろう。そのときニッポン放送の株価がどのように動くのか、非常に楽しみである。普通に考えてニッポン放送の株価はまだ上がると思う。このときまでホールドしていよう…。また24日以降になるかならないかわからないが、7500円~7800円に空いた窓まで上昇すると自分は予想している。今日は博報堂DYホールディングス(2433)などIPOの初値で利確する奴らが帰ってくるかもしれない。今日明日もまた様子見といこう。週末が楽しみと言うところかも。

とにかく、2月24日から3月2日付近には8800円ホルダーの自分の傷が浅くなるのではなかろうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WBSとホリエモン

自分が風呂に入っている間、WBSにホリエモンが出演していたそうだ。残念、見そびれた…。

しかし情報を漁ってみると、小谷さんに軽くあしらわれていたそうだ。相当突っ込んだ質問を受けて、どうも資金がないことや策の無さを露呈させられたようだ。みんな、知っていることだけれど…。それでもどうもホリエモンの応答などが相当投資家たちには評判はよいものではなかったようだ。ホリエモンにしても昨日のライブドア(4753)の株価下落は痛かろう。もうホリエモンは金策や質問でもうボコボコだ。ホリエモンは好きではないが、少々かわいそうにさえなってくる。ライブドアの株なんか買う気はまったくないけれど…。

そういえばホリエモンにはジンクスがあった。ホリエモンがテレビに出ると株価が下がるというジンクスだ。連休中にホリエモンはTBS、テレ朝、日テレなどのメディアに出演していた。そして昨日は株価が下がった。そして昨日のWBSなどを受けて株価はどのようになるだろう。残念ながら、ライブドアが下げ止まる要素が見つからない…。J_Coffeeさんも「買ってはいけない」とまで言っている。もう少し苦しくなったら、伝家の宝刀100分割を出すのだろうか。100分割があるならば、MSCBが怖いけど買ってもいいかもなぁ…。

今日は仕事でハードなスケジュールゆえ、今日の市場の動向を追いかけていくことが出来ないのが悔やまれる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2005

バレンタインの結末…

今日はニッポン放送(4660)ホールドしちゃいました。

3連休の中あまりにも売り煽りが多いのでかなり気になっていた。しかもストップ安にさえならなかった。どうもデイトレのおもちゃにされただけのようだ。

とりあえず今回の予想の採点をしてみる。
今日明日は追証の嵐だからストップ安になると考えたのは間違いだった。
意外と買い支える人たちがいたので、期待してホールドしたこともおそらく間違いだった。
自分の予想は当たらないなぁと反省させられた。ただ萌え株情報局さんの7400円予想よりは近い。よしとしておこう。被害額だって、たとえ8800円ホルダーでも現物10株だけなのだから…。

上場廃止リスクを織り込んだとされる株価で6840円。まだまだ追証の嵐が収まった後の値動きが気になる。それとフジテレビ(4676)の800億の起債は何なのだろうか。800億という金額は偶然ではなさそうだが…。フジテレビは値を上げ、ライブドアは値を下げた。この起債により勝敗が見えてきたのだろうか。それとも昨日のホリエモン発言などを受けてだろうか。サンプロで田原が冗談で言ったように、ホリエモンは東京湾に沈むことになるのだろうか…。

そして自分なりに明日のニッポン放送の予想をしてみる。
明日までは下げる。明日の引けのときに6000円付近に収束すると思う。収束までに何度か乱高下してデイトレがおもちゃにするだろう。しかし今日の終値6840円を越えることはおそらくない。今日が6000円台まで下げたので、当然ストップ安にはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタインのニッポン放送

今日のことを思うと気持ちが昂ぶる。今日はバレンタインだからということもあるが、ニッポン放送(4660)があるからだ。

マスコミでも取り上げられ株主以外の関心も高いようだ。ホリエモンがTBS、テレ朝、日テレに出演したので過熱の様相を呈している。六カ国協議、核保有などでわめく北朝鮮の将軍様よりもホリエモンのほうがもはや関心が高い。とりあえずホリエモンが出演したサンプロバンキシャを見たので少しまとめてみた。

2月13日のホリエモン
1.増資をすることでフジテレビの25%を阻止
2.大和證券SMBCはインサイダーの恐れ(鹿内氏の株を5000円ぐらいで買った)
3.上場廃止になってもニッポン放送にはうまみがある

正直、これらは問題がある発言である。1つずつ検証していきたい。
1つの目の増資の件であるがこれは発行の差止め(商法280条の10)に抵触する可能性があるらしい。公の電波では第三者割当増資はよろしくない。
2つ目のインサイダーの件はホリエモンが大和を挑発したわけだが、ホリエモンのテレビでの発言が増資など株価操縦になっているものもある。大和にケンカを売ったわけだから当然大和は反撃してくるだろうが、反撃はかなり容易だろう。
3つ目のニッポン放送のうまみの件だが、これは投資家にとってはどのようなメリットがあるというのだろうか。ホリエモンは上場廃止でもニッポン放送を利用できるが、われわれ株主は利用するメリットはないに等しい。ホリエモンはニッポン放送の株価を8倍にするとか言っていたらしいが、上場廃止容認してるんでけど…。

これらは売り圧力になるとしか思えないものばかり。しかしテレビに出た効果はあったかもしれない。国民の関心は高まり、買おうする人が増えたかもしれない。またホリエモン信者などは買うかもしれない。私は現物10株だが、信用取引の人で大量に買った人たちは今日追証の嵐に遭遇するらしい。そうすると大量に信用で買った人たちはおそらく売るから今日の終値は7000円付近になると思う。ではいったい翌日の火曜日はどうなるのだろうか?値幅制限でTOB価格の5950に近づく。しかしTOB価格より下回らないようにホリエモンも奔走するから少なくともTOB価格よりは高値で推移することになるだろう。果たしてホリエモンにTOB価格を下回らないように買い支える資金があるのだろうか…。

やはり今日は前場で様子を見て、おそらく後場で売るだろう。持ってても8800円は超えないだろうから…。いなげやと忠実屋みたいなケースになればいいんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)